現代の蜂駆除事情

スズメバチクラスは緊張

蜂駆除業者も需要とともに増えてきているでしょう。昔はそれほど聞かなかったのですが、それだけ蜂が人を脅かす存在となっているのでしょう。たしかに、人家の周りに巣をつくる蜂がいます。キイロスズメバチです。気性が荒く巣に近づくと襲ってくるので危険です。ですから、ハチ駆除専門の業者に来てもらうといいでしょう。金額はミツバチやアシナガバチであれば一万円前後でしょう。スズメバチは安くても二万円くらいからでしょう。やはりスズメバチクラスになると、蜂駆除業者でさえ、緊張が走るそうです。それだけ、危険でこわいものなのです。ですから、自分で駆除しようとする人がいますが、プロでさえ怖いものを素人が駆除するのは不可能に近いでしょう。

警戒範囲をこえないこと

蜂の駆除を自分でしようとして、刺される人が増えています。昔はミツバチやアシナガバチに刺される人はいましたが、軽症で済むことが多かったです。今では、スズメバチに刺される人が多く、軽症で済むことは少ないでしょう。スズメバチの中でもキイロスズメバチが人の生活圏で活動しています。気性が荒く、巣に近づくだけで襲ってくる可能性があります。蜂にはそれぞれ巣を中心として、警戒範囲を持っています。それを超えてきた侵入者には攻撃を加えてくるのです。ですから逆にそれを超えなければ、襲われる確率はかなり低くなります。また、夏から秋にかけてもっとも警戒心が高まっているので、この時期だけは巣に近づくのはやめた方がいいでしょう。